会社沿革

1946年
逓信院総裁、故松前重義(東海大学元総長)により「科学文化新聞」を創刊
1956年
「科学新聞」へ改題。
1967年
本社を浜松町へ移転 代表取締役社長に池田冨士太就任
1989年
カイロプラクティック、オステオパシーなどの徒手療法の専門紙として 「カイロジャーナル」を創刊
1993年
資本金を4800万円に増資
1996年
「科学新聞」創刊50周年
2008年
代表取締役会長に池田冨士太就任、代表取締役社長に齋藤信次就任
2011年
東日本大震災の影響により本社を現在地に移転
2016年
代表取締役社長に竹内敬三就任