【連載 深海、その先に】第1回 「しんかい6500」乗船レポート㊤

まもなく潜航回数1500回を迎える有人潜水調査船「しんかい6500(6K)」は、完成から28年間にわたり、日本のみならず世界の深海研究を支えてきた重要な基盤である。今回、海洋研究開発機構の深海潜水調査船支援母船「よこすか」から6Kに乗船する機会を得た。この連載では、乗船レポートを2回お届けし、以降は今後の深海探査について考えていく。

「しんかい6500」を背景にパイロットの皆さんと (中央が筆者)

いざ駿河湾海底へ「不安だらけのスタンバイ」

乗船取材は、生身の体では通常は行くことができない200㍍以深の深海に行くことになるわけで、心の中は不安以外の何物でもなかった。これまで無事故というのは理解しているが気持ちが落ち着かない。6Kには取材で何度も関わり、愛着さえあったので、私は乗船取材を有意義にするため、関連書籍を読み返し、6Kが登場するドラマや調査で撮影した映像などを見直した。

 

▼船長のレクチャー

潜航前日、静岡県の清水港からタグボートを経由して「よこすか」に乗り込んだ。一通り乗船案内が済んだ後、6Kを操縦するパイロット(船長)の松本恵太さんから、6Kについて船内機器のレクチャーと潜航ポイントについて説明を受けた。
全体のスペック、前方のカメラやマニピュレータ(前方に付く2本の腕)、実験道具や試料を入れるバスケット(最大150㌔㌘まで搭載できる)、船内機器について説明してもらい、非常時の対応を聞いた。このあたりは復習といった感じだ。翌日潜航する西伊豆の戸田(へだ)海底谷では、深い場所から上昇しながら観察を行うという。この場所は、6Kが訓練でよく利用するポイントで、ここ数日連続して潜航している。水深1340㍍に到着後、途中途中で広い空間が階段状にある谷を駆け昇っていく。イバラカニ(別名ミルクガニ、食用としても人気がある深海カニ)が多く生息している場所があったので案内できるとのこと。土産を持って帰れる!と思ったら、今回は生物採取の許可は下りていないということで断念した。
定食を2種類あわせたような豪華な夕食の後、長年6Kのパイロットを務めた同機構の田代省三広報部長らを囲んで潜水船の話に花が咲いた。明日の潜航への期待が高まる中、ゆりかごのように揺れる船の中で眠りについた。

▼おだやかな海面

4月14日早朝、駿河湾岸に位置する清水港の外防波堤近くに停泊していた「よこすか」は、船首旗竿につけていた停泊を示す丸い形象物を下ろし、戸田沖へ向かう。
港から出て少しすると海面に幾つかの光の筋ができた。イルカの群れのようだ。富士山はかすんでいるが、海面はおだやかで潜航日和だ。
8時10分、船内放送で「スイマー、スタンバイ」とアナウンスがあった。これは今日、潜航が行われるという合図でもある。防寒と防火のため、6Kの搭乗者は青色のレーシングスーツのようなツナギを着込む。登山用の厚手の靴下、ツナギの中にはセーターを着て寒さにも備えた。船内温度は10度C前半(海底は2度C程度)とのこと、サンタクロースのような大きな靴下も念のため借りた。5時間以上耐圧殻から出られないため、精神衛生上のお守りとして6K搭乗初心者がお世話になる紙おむつも着用した。

しんかい船内の耐圧殻の中

▼潜航はスイマー頼み

パイロットの松本さん、コパイロット(船長補佐)の石川暁久さんと共に6Kの耐圧殻内に入る。皆が腰をおろしても船内はそれほど狭いと感じなかった。潜水艦のハッチのようにハンドルを回して入り口を閉鎖する。すぐに、船内機器のチェックが始まる。松本さんが計器を確認し、石川さんがその結果をチェックリストに書き込む。その間、6Kは「よこすか」の船尾にあるAクレーンに吊り下げられ、船後方へと移動。6Kには、太い縄(吊り下げ索、曳航索)がつけられており、海に優しく投入された後、待機していたスイマーが6Kの上に乗り、その縄を外してくれる。この作業は、海面が荒れているとできない。潜航できるかどうかはスイマーが作業できるかどうかにかかっているのだ。この人間を介した方法は他国の潜水船も共通だという。
海面に浮く6Kの窓の外は、エメラルドグリーンの水に満たされている。9時ちょうど、松本さんの「よこすか、しんかい、ベント開900」という交信で、6Kは静かに下降しはじめた。船内タンクのベントを開けると海水が入ってくる。駿河湾の海底を目指す6Kの第1489回潜航が始まった。

※生物名はあくまで主観に基づいた表記です。

潜航地点の海底地形図(海洋機構提供)

第4回ヤマト科学賞決定

 ヤマト科学賞選考委員会(委員長:森川智・ヤマト科学代表取締役社長)は第4回ヤマト科学賞の受賞者を、堀越桃子氏(理化学研究所統合生命医科学研究センター代謝・内分泌・腎疾患チーム・チームリーダー)に決定したと3日、東京大学の山上会館(文京区本郷)において発表した。ライフサイエンス、マテリアルサイエンス、インフォメーションサイエンスおよびそれらの融合分野を中心に、独創性、創造性に富む研究者を顕彰し、科学技術の次世代リーダーとしての活躍を支援することを目的としている。
(29年3月10日号)

日本の大学システムのインプット構造を網羅的、詳細に時系列分析

 科学技術・学術政策研究所は、日本の大学システムのインプット構造について、網羅的かつ詳細に時系列で分析し、報告書をまとめた。
 従来のように論文の生産性のようなアウトプットでなく、その前提となるインプットに注目。分析には、総務省の科学技術研究調査(2002~2015)・大学等の個票データを利用した。論文数シェア(自然科学系)で日本の大学を5つのグループに分類し、研究開発費の分野バランス、研究開発人材の男女業務の差異などを分析した。
(29年3月10日号)

何を見たかの判断は視覚情報に依存しない

 情報通信研究機構(NICT)は、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)およびウェスタンユニバーシティと共同して「どのようなものを見ているのか」という知覚判断が、見た内容だけでなく、見た内容に伴う運動行為にかかる負荷を反映していることを実験的に証明した。これまで、外部から脳への入力処理である知覚判断と、脳から外部への出力処理である運動行為はそれぞれ独立したもので、運動行為は単に知覚判断の結果を反映するだけと考えられていたが、NICT脳情報通信融合研究センター(CiNet)の羽倉信宏研究員らのチームは、そうした定説を覆す成果を得た。同成果は、神経科学の国際科学誌「eLife」オンライン版(2月21日)に掲載された。
(29年3月10日号)

CIS系薄膜太陽電池サブモジュールで世界最高変換効率達成

 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)とソーラーフロンティア(株)は、CIS系薄膜太陽電池サブモジュールで、世界最高変換効率の19・2%を達成した。
 これは、光吸収層の製膜プロセス改良による品質改善や、バッファ層変更などで達成した成果であり、NEDOが掲げる2020年で14円/kWhという発電コスト目標の実現に向けて大きく前進した。
(29年3月10日号)

科博で企画展『理化学研究所百年』開催

理化学研究所は4月9日まで、東京・上野の国立科学博物館(日本館地下1階多目的室)で企画展『理化学研究所百年-アルマイト(お弁当箱)からニホニウムまで』を開催する。
 同所は、1917年に高峰譲吉博士らの提唱で、科学で産業の基礎を固め、国力を高めることを目指し、皇室の御下賜金と財界、政界、官界、学界の協働により、財団として誕生した。
 この企画展では、理研の研究生としてドイツに留学していた仁科芳雄氏(後の第4代理研所長)が、デンマークの物理学者で量子力学の確立に貢献したニールス・ボアにその元での研究をしたい旨をしたためた手紙の複製や、理研が生み出した製品(ビタミンAやアルマイトなど)の展示、これまでの理研の歩み、研究成果を紹介する。
 昨年、周期表に正式に掲載された日本発の新元素・ニホニウム(Nh)についても詳しく紹介している。 入館料は、大人620円、高校生以下は無料。問い合わせは、同館(電話03-5777-8600)まで。 
(29年3月10日号)

下水道など地下管路掘削に新技術

アイレック技建(東京都台東区、西野龍太郎社長)とNTTアドバンステクノロジ(NTT-AT:神奈川県川崎市、木村丈治社長)、は、下水道などライフラインの管路施工技術である小口径管推進工法「エースモール工法」に使用する新たな位置計測システムとして、光掃引方式位置計測技術を開発した。同システムについては、2月16日と17日にNTT武蔵野研究開発センタで開催された「NTT R&Dフォーラム2017」で展示・紹介した。
(29年3月3日号)

「ものづくり現状に危機感」科学技術の会が活動報告

 超党派の議員連盟「科学技術の会」の拡大役員会が2月21日に衆議院第一議員会館で開かれ、科学技術・イノベーション政策、グローバル外交、研究拠点形成、情報エレクトロニクス分野について、これまでの取り組み状況が報告された。4月に提言を取りまとめ、5月に安倍首相に提言する。
(29年3月3日号)