「秋の褒章」自然科学系の紫綬受章者業績

 政府は、秋の褒章を発表した。文部科学省関係では、紫綬褒章18人、藍綬褒章3人、黄綬褒章11人、緑綬褒章2人が選ばれた。紫綬褒章のうち学術分野は9人。伝達式は14日、文部科学省講堂で行われる。学術(自然科学系の8人)の紫綬褒章受章者は次の通り。

 ◇西田友是(68歳)東京大学名誉教授=コンピューターグラフィックスの分野で、パイオニアとして陰影計算、光の相互反射、光の多重散乱などの基礎的な計算技法を確立し、自然科学を支える可視化技術が映像産業など様々な分野に影響をもたらすなど、斯界の発展に貢献した。

 ◇津田敏隆(65歳)京都大学名誉教授=大気物理学の分野で、各種の計測装置を用いた国内外での先駆的な観測により、大気波動による大気大循環についての多大な研究成果をあげるとともに、GPS電波掩蔽データを用いて大気重力波および電離層擾乱の全球分布を世界で初めて明らかにするなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇川合眞紀(65歳)自然科学研究機構分子科学研究所長=表面科学の分野で、窒素酸化物を分解する固体触媒反応の機構解明や金属複酸化物の研究などで顕著な成果をあげるとともに、走査トンネル顕微鏡を用いた単分子化学反応の実現などで世界をリードする研究成果をあげるなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇小溝祐一(67歳)大阪大学名誉教授=溶接・接合工学の分野で、放射光を利用した溶接時の金属の様子をその場で観察する方法を世界で初めて開発するとともに、この手法を用いた低炭素低合金鋼の溶接部・溶接熱影響部の組織生成挙動や高強度鋼の水素脆化に関する研究を大きく発展させるなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇宮脇敦史(55歳)理化学研究所脳科学総合研究センターチームリーダー=生物物理学、特にバイオイメージングの分野で、蛍光タンパク質を駆使して、生体内で働く細胞や分子を可視化する革新的なバイオイメージング技術を数多く開発し、細胞機能の解明や医薬品開発等の分野における研究を大きく進展させるなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇山谷知行(67歳)東北大学名誉教授=植物栄養学・土壌学の分野で、コメの生育や生産性を規定するイネのアンモニウム態窒素の初期同化機構と老化器官から若い成長中の器官への窒素転流機構を解明することで、植物の窒素代謝の分子メカニズムの理解を大きく発展させるなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇貝渕弘三(62歳)名古屋大学教授=生化学・細胞生物学の分野で、低分子量GTP結合タンパク質Rhoの作用機序や活性制御機構を明らかにし、細胞の収縮、運動、極性形成の制御機構や神経細胞の軸索と極性形成機構を解明するなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇橋田充(65歳)京都大学名誉教授=生物系薬学の分野で、薬物の体内動態を精密に制御することにより治療の最適化を図るドラッグデリバリーシステム(DDS)という医薬品開発の概念および技術体系を構築し、新しい研究領域を確立するなど、斯界の発展に多大な貢献をした。
(29年11月10日号)

トポロジー変化に伴う巨大磁気抵抗効果発見

 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター強相関物性研究グループの茂木将孝研修生、十倉好紀グループディレクター、強相関界面研究グループの川﨑雅司グループディレクター、強相関量子伝導研究チームの川村稔専任研究員、東北大学金属材料研究所の塚﨑敦教授らの共同研究グループは、磁性層と非磁性層を交互に積み重ねた”トポロジカル絶縁体”積層薄膜を開発、磁気抵抗比1000万%を超える非常に巨大な磁気抵抗効果を発見した。
(29年11月10日号)

2017年11月17日

「膨大なWeb情報が基盤」次世代音声対話システム

 情報通信研究機構(NICT)のユニバーサルコミュニケーション研究所データ駆動知能システム研究センターは、ユーザーの多様な音声入力に応答する次世代音声対話システム「WEKDA(ウェクダ)」(WEb-based Knowledge Disseminating dialog Agent)の研究開発を進めているが、10月26日から28日まで開催された「けいはんな情報通信フェア2017」で、WEKDAを公開した。
 これは、NICTが一般に試験公開中の大規模Web情報分析システムWISDOM Xを用いて、膨大なWeb情報をベースに開発した対話システムである。
(29年11月10日号)

新しい不斉源「トポロジカルキラリティ」の機能解明

 東京工業大学物質理工学院応用化学系の石割文崇助教、高田十志和教授らの研究グループは、新しい不斉(キラリティ)源である「トポロジカルキラリティ」を持つ分子の優れた機能を初めて解明することに成功した。
 不斉には、炭素原子などの不斉な原子が存在する点不斉とは異なる、らせんの巻き方向の違いなど分子の構造に依存した分子不斉がある。研究グループは、分子マシンとして知られるロタキサンやカテナンなどのインターロック分子が持つトポロジカルキラリティに興味を持ち、不斉合成の研究などを展開してきたが、これまでトポロジカルキラリティを活用した例はなく、その不斉源としての価値は全く不明だった。
(29年11月10日号)

ホルムアルデヒド連続測定センサー開発

物質・材料研究機構(NIMS)国際ナノアーキテクトニクス研究拠点フロンティア分子グループの石原伸輔主任研究員らは、産業技術総合研究所(AIST)ナノ材料研究部門と共同で、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを継続的にモニタリングできる小型センサーを開発した。これまでは測定ごとに検知タグの交換が必要だったが、ホルムアルデヒドにさらされると導電性が変化し、清浄な空気で導電性が元に戻るセンサー材料を開発することで継続的なモニタリングが実現した。スマートフォンなどと組み合わせることで、ホルムアルデヒドガスの発生を常時検知するシステムの実現が期待される。
(29年11月3日号)

非シリカ系メソポーラス材料の合成に成功

 産業技術総合研究所無機機能材料研究部門物質変換材料グループの木村辰雄研究グループ長は、有機架橋ホスホン酸と金属塩化物から非シリカ系の有機無機ハイブリッド型メソポーラス材料を合成する産総研オリジナルの手法を改良、原料の反応性を連続的に制御することで多様なメソポーラス材料を合成できる技術の開発に成功した。

(29年11月3日号)

新技術振興渡辺記念会創立35周年記念式典・特別講演開催

 新技術振興渡辺記念会(武安義光理事長)は、今年創立35周年を迎えた。これを記念した『創立35周年記念式典・特別講演』が、10月25日、東京千代田区霞が関の東海大学校友会館(霞が関ビル35階)で開催された。
 同記念会は、昭和57年7月に神田通信工業(創設者:故渡辺勝三郎氏)の株式を以て設立された。以来、新技術の振興を図り、社会・経済の発展と福祉の増進に寄与することを目的に科学技術に関し、調査・研究およびこれらの助成・奨励を行ってきた。
 記念式典では、武安理事長が「30年の間には、株式売却などによる資産の形成、新公益人制度による一般財団法人への移行などにより、事業規模もそれに応じて大きく変化してきましたが、今後も財団の目的沿って業務を実施し、役割を果たしていきたい」とあいさつした。
 また、来賓として出席した文部科学省の戸谷一夫事務次官は「日本の将来に渡る成長と繁栄の要は、科学技術イノベーションであり、第5期科学技術基本計画に基づき、予算の確保、知の基盤である学術研究、基礎研究の長期的視野に立った支援、優れた人材の育成等の取り組みを進めていますが、その実現のためにも財団の今後の活動に期待しています」と祝辞を述べた。
 さらに記念式典では、創立35周年記念理事長賞(特別調査研究助成:助成金額500万円)を新潟大学人文社会・教育科学系の佐藤靖教授に『ビックデータ利用の拡大がもたらす政策形成過程の変容』で贈られた。
(29年11月3日号)