「一部を壊しても即座に動作」クモヒトデ型ロボット

 一部の足を破壊しても、即座に動くことができるクモヒトデ型ロボットが世界で初めてできた。東北大学電気通信研究所の石黒章夫教授、加納剛史准教授、佐藤英毅さん(大学院修士課程、当時)、小野達也さん(大学院修士課程、当時)、北海道大学電子科学研究所の青沼仁志准教授、東北大学大学院医学系研究科の松坂義哉講師(現・東北医科薬科大学教授)の研究グループが開発し、想定外の故障に対して即座に適応できる。
(29年12月22日号)