「圧電組みひも」関大・帝人が開発

 関西大の田實佳郎教授と帝人は、ポリ乳酸繊維を用いた圧電体を組みひも状にしたウェアラブルセンサー「圧電組みひも」を開発した。昨年話題になった映画でもキーアイテムとして登場する組みひもを使った新たなセンサーだ。
(平成29年1月27日号)