「成果生んだImPACT制度」人材不足が課題

 非連続的なイノベーションを生み出すための新たな取り組みとして実施している、革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の後継施策はどのようなものになるのか。内閣府は、制度検証報告書を公表し、ImPACT制度の課題や改善すべき点などを明らかにした。今後、補正予算を編成するタイミングで後継施策を立ち上げることになる。
(30年3月2日号)