「栄養に応答して発育制御」神経とホルモンの新機構

筑波大学大学院生命環境系の丹波隆介准教授と島田(丹波)裕子研究員(日本学術振興会RPD)は、キイロショウジョウバエを用いた研究で、ヒトを含む高等動物で発育や恒常性の維持、性成熟に重要な役割を担うステロイドホルモンの生合成がセロトニン産生神経(SEOPG)の介するシグナルによって促される仕組みを新たに発見したと発表した。幼虫が摂取する栄養量に応じて神経突起の形を変化させるSEOPGを同定し、これがステロイドホルモン生合成器官に伸長することで、幼虫が蛹になるタイミングが調節されることを明らかにした。成果はオンライン学術誌「Nature communications」12月15日付で公開された。

■全文はNEWSmart(有料)でご覧いただけます。