「海洋全体の10%」北極海の二酸化炭素吸収量判明

 海洋研究開発機構の安中さやか研究員、気象庁気象研究所、ノルウェーのベルゲン大学、米国大気海洋庁などの研究チームは、北極海が吸収する二酸化炭素量を定量化することに成功した。この海域では、海洋全体の約10%の二酸化炭素を吸収していたことがわかった。文部科学省・ArCS(北極域研究推進プロジェクト)の一環で実施した。
(30年4月6日号)