「秋の褒章」自然科学系の紫綬受章者業績

 政府は、秋の褒章を発表した。文部科学省関係では、紫綬褒章18人、藍綬褒章3人、黄綬褒章11人、緑綬褒章2人が選ばれた。紫綬褒章のうち学術分野は9人。伝達式は14日、文部科学省講堂で行われる。学術(自然科学系の8人)の紫綬褒章受章者は次の通り。

 ◇西田友是(68歳)東京大学名誉教授=コンピューターグラフィックスの分野で、パイオニアとして陰影計算、光の相互反射、光の多重散乱などの基礎的な計算技法を確立し、自然科学を支える可視化技術が映像産業など様々な分野に影響をもたらすなど、斯界の発展に貢献した。

 ◇津田敏隆(65歳)京都大学名誉教授=大気物理学の分野で、各種の計測装置を用いた国内外での先駆的な観測により、大気波動による大気大循環についての多大な研究成果をあげるとともに、GPS電波掩蔽データを用いて大気重力波および電離層擾乱の全球分布を世界で初めて明らかにするなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇川合眞紀(65歳)自然科学研究機構分子科学研究所長=表面科学の分野で、窒素酸化物を分解する固体触媒反応の機構解明や金属複酸化物の研究などで顕著な成果をあげるとともに、走査トンネル顕微鏡を用いた単分子化学反応の実現などで世界をリードする研究成果をあげるなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇小溝祐一(67歳)大阪大学名誉教授=溶接・接合工学の分野で、放射光を利用した溶接時の金属の様子をその場で観察する方法を世界で初めて開発するとともに、この手法を用いた低炭素低合金鋼の溶接部・溶接熱影響部の組織生成挙動や高強度鋼の水素脆化に関する研究を大きく発展させるなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇宮脇敦史(55歳)理化学研究所脳科学総合研究センターチームリーダー=生物物理学、特にバイオイメージングの分野で、蛍光タンパク質を駆使して、生体内で働く細胞や分子を可視化する革新的なバイオイメージング技術を数多く開発し、細胞機能の解明や医薬品開発等の分野における研究を大きく進展させるなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇山谷知行(67歳)東北大学名誉教授=植物栄養学・土壌学の分野で、コメの生育や生産性を規定するイネのアンモニウム態窒素の初期同化機構と老化器官から若い成長中の器官への窒素転流機構を解明することで、植物の窒素代謝の分子メカニズムの理解を大きく発展させるなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇貝渕弘三(62歳)名古屋大学教授=生化学・細胞生物学の分野で、低分子量GTP結合タンパク質Rhoの作用機序や活性制御機構を明らかにし、細胞の収縮、運動、極性形成の制御機構や神経細胞の軸索と極性形成機構を解明するなど、斯界の発展に多大な貢献をした。

 ◇橋田充(65歳)京都大学名誉教授=生物系薬学の分野で、薬物の体内動態を精密に制御することにより治療の最適化を図るドラッグデリバリーシステム(DDS)という医薬品開発の概念および技術体系を構築し、新しい研究領域を確立するなど、斯界の発展に多大な貢献をした。
(29年11月10日号)