「身体感覚の伝送可能」慶大が双腕型ロボット開発

 慶應義塾大学理工学部の野崎貴裕助教と村上俊之教授、同大先導研究センターハプティクス研究センターの大西公平センター長らの研究グループは、NEDOの支援で身体感覚を伝送可能な双腕型ロボット「General Purpose Arm」を開発し、9月28日に同大矢上キャンパス(横浜市港北区日吉)でデモンストレーションを行った。

 このロボットは操作システム(マスタ)とロボットによる作業システム(スレーブ)で構成され、視覚、聴覚、触覚、移動感覚が伝送できることから、操作者は遠く離れた場所から臨場感を持って操作することができる。特に触覚は、ロボットが感知したモノに触れた感覚を、あたかも直接触ったように感じさせる世界初の高精度力触覚技術を実現した。人間の代替として産業、家庭、福祉介護、医療、農業などの自動化や省力化につながる成果と期待される。既に30社以上の企業と共同研究を実施しており、様々な分野で応用が進められているという。
(29年10月6日号)