「高エネルギー電子による光渦放射」精密観測成功

 分子科学研究所の加藤政博教授、広島大学の佐々木茂美名誉教授、名古屋大学の保坂将人特任准教授らの共同研究チームは、高エネルギーの電子が螺旋状の波面を持つ光渦と呼ばれる奇妙な光を放出する現象を精密観測することに成功した。光渦はレーザー光を特殊な光学素子を通すことで人工的に合成できることは知られていたが、今回の結果により、自然現象として光渦が生み出されることが実験的に示された。これにより、軌道角運動量を運ぶとされる光渦が宇宙や自然界でどのような役割を果たしているのか、これまで考えられたことのない問題が浮かび上がってきた。
(29年8月25日号)