スピン液晶が異方的なスピンダイナミクス提示

 磁性体の新奇相として、スピンの向きを表す矢印から矢尻を除いた棒状自由度が秩序化する”スピン液晶”が注目を集めている。日本原子力研究開発機構・先端基礎研究センターの研究グループは、スピン液晶の特性をスピンダイナミクスの観点から解明することを目的として、磁場中フラストレート強磁性鎖モデルのスピン励起スペクトルを数値的に解析。スピン励起スペクトルの磁場平行成分と磁場垂直成分とで際立った違いが生じることを明らかにすることに成功した。

デジタル版はこちら