マルチフェロイック物質の電子機能制御過程を可視化

東北大学大学院理学研究科の松原正和准教授、青山学院大学理工学部の望月維人准教授、大阪大学大学院基礎工学研究科の木村剛教授らは、新たな多機能電子素材として注目されるマルチフェロイック物質を電場・磁場等の外場で制御し、その電子機能制御過程を可視化することに世界で初めて成功した。これにより、強誘電性を磁場で自在に制御できることを実証し、新しいメモリ・ロジック素子の基礎原理を確立した。さらに、従来認識されていなかった新たな電子機能を発見し、その発生メカニズムを解明した。マルチフェロイック物質の研究開発に新たな道を拓くだけでなく、革新的なナノエレクトロニクスへの展開が期待される。サイエンスに5日掲載された。