リコーが画期的な環境発電材料開発

 リコーは、圧力や振動によって高い発電性能を発揮する環境発電の材料として、従来とは発電機構が異なる新しい柔軟材料「発電ゴム」を開発した。
 圧力による発電技術としては、従来、発電材料(圧電材料)としてセラミックスや高分子樹脂などが活用されてきた。しかし、セラミックスは比較的多くの電力が取り出せる反面、壊れやすく重いため、活用範囲が限られていた。一方の高分子樹脂も、薄くすることで柔軟性は得られるが、取り出せる電力は微量である。
 これらの材料に対し、今回リコーが開発に成功した「発電ゴム」は、柔軟性の高いフレキシブルなシート状でありながら、セラミックス圧電材料と同等の高い発電性能も持った新規材料である。
 さらに、この新規材料は数百万回の繰り返し負荷試験でも性能劣化がなく、耐久性も備えている。セラミックスや高分子樹脂の課題をクリアして、それぞれの利点である高出力と柔軟性を両立した画期的な新材料であり、用途の格段な広がりが見込める。
 この「発電ゴム」の発電機構は、従来の圧電材料とは異なる。現在、同社は東京理科大学の山本貴博准教授との共同研究により、最先端の計算化学技術を用いた分子レベルでの発電機構の解析を始めており、材料の可能性をさらに拡張し、将来の多岐にわたる応用展開を目す。