作業・介護支援用装着型ロボットの国際安全規格認証を取得

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の生活支援ロボット実用化プロジェクトの成果をもとに、CYBERDYNE(株)が製品化した装着型ロボットの「HAL作業支援用(腰タイプ)」および「HAL介護支援用(腰タイプ)」が、生活支援ロボットとしての国際安全規格ISO13482:2014の認証を、日本品質保証機構(JQA)から取得した。作業者ならびに介護者向けの装着型ロボットとしては、世界で最初の国際安全規格の認証取得となる。NEDOとCYBERDYNEは、この認証取得によって、両装着型ロボット製品の安全性が国際基準を満たしていることが保証され、今後の世界に向けた普及の足がかりになると期待している。

■全文はNEWSmart(有料)でご覧いただけます。