反芳香族分子の電子伝導性 単分子レベルで計測成功

東京工業大学理学院化学系の藤井慎太郎特任准教授、木口学教授、名古屋大学大学院工学研究科の忍久保洋教授らの研究グループは、反芳香族分子の高い電子伝導性を単分子レベルで計測することに世界で初めて成功した。
 π電子を4n個もつ環状分子である反芳香族分子は、高い反応性、優れた電子伝導性、特異な磁気的性質を示すことが期待されているが、不安定で、その電子伝導性を分子レベルで実証した研究は行われていなかった。忍久保教授らは大気中でも安定な反芳香族分子ノルコロールの合成に成功している。
(29年8月4日号)