山口大「AIシステム医学・医療研究教育センター」発足

 山口大学(岡正朗学長)は、医学系研究科・医学部附属病院に「AIシステム医学・医療研究教育センター(AISMEC)」を発足したと5月29日発表した。AI・機械学習とシステムバイオロジーを融合し、基礎医学研究力の強化、医療技術の向上、将来の情報系医師の人材育成を目指すという。センター長は浅井義之教授が務める。顧問には北野宏明氏(ソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長/所長)を迎えた。浅井センター長は「次世代のデータサイエンス医師を世界に羽ばたかせていきたいと考えています」と述べた。
 同センターはコア技術を人工知能(AI)・機械学習およびシステムバイオロジーの2つとし、これらを医学・医療応用することで、それぞれを医用AI、システム医学として確立し、展開していくという。
(30年6月15日号)