工業的なシリコーン製造の鍵反応に活性を持つ新触媒開発

シリコーン製造の鍵反応とされる、アルケンのヒドロシリル化反応に活性を持つ、貴金属を含まない新触媒の開発に成功した。米化学会誌JACSのスポットライトとして、オンライン速報版に掲載された。この成果を受けて、九州大学と信越化学工業は、産学共同でこの触媒の実用化検討に入った。
(平成28年2月26日号)