巨視的物体のテレポーテーション 新たな「もつれ状態」使えば可能