日本とアジアの青少年交流課題147件決定

 科学技術振興機構(JST)は、さくらサイエンスプラン(日本・アジア青少年サイエンス交流事業)の平成30年度・第1回審査で147件の交流計画を選定した。
 産学官で、優秀なアジア地域の青少年が日本を短期に訪問し、未来を担うアジア地域と日本の青少年が科学技術分野で交流を深めることを目指す。アジアの青少年が最先端の科学技術へ関心を高め、日本の大学・研究機関や企業が必要とする優秀な人材の育成に貢献する。
 今回は、147件(うち7件が複数年度計画)が選定された。この計画の受け入れ機関は、大学・高等専門学校・高校が67校、財団法人・研究開発法人など13機関、企業1社、自治体2機関。招へい対象者総数は1617人。
 武田計測先端知財団はキルギスから大学生などを受け入れる。茨城大学はタイやベトナムなどから大学院生などを受け入れる(量子線分子科学)。大阪大学はインドネシアなどから大学生を受け入れる(基礎・応用自然科学、材料・電気・電子工学を中心とした領域横断科学技術など)。堀場製作所はフィリピンなどから研究者などを受け入れる(計測機器・システムを用いた環境汚染解決)。栃木県小山市は台湾等の高校生を受け入れる(環境保全と科学技術)。情報・システム研究機構国立情報学研究所は中国などから大学生や大学院生を受け入れる(情報学)。
(30年5月18日号)