東海大新学長に山田清志氏

 東海大学は、9月26日の定例理事会・評議員会で、高野二郎学長の任期満了にともなう新学長人事を承認し、山田清志副学長の新学長就任を決定した。任期は10月1日から2016年9月30日までの2年間。高野前学長は、今後、理事・副総長職に専念する。
 ▽山田清志(やまだ・きよし)氏の略歴
 1955年5月16日生まれ(59歳)、北海道出身。東海大学教授で、専門は経済法、消費者法。
 1980年3月に早稲田大学法学部法律学科卒業。84年に東海大学の法学研究所助手、94年に教養学部生活学課助教授。
 その後、東海大学パシフィックセンター(ホノルル)所長、米国・ハワイ東海インターナショナルカレッジ学長を経て、2001年に東海大学法人企画調整室国際部門主幹に就任。
 03年には、東北大学大学院情報科学研究科人間社会情報科学専攻博士課程を満期退学。04年に東海大学教養学部人間環境学科教授となり現在に至る。
 08年に東海大学国際戦略本部本部長、09年に副学長、14年の5月に常務理事に就任した。
 公益財団法人国際研修交流協会評議員、日本体外文化協会専務理事、公益財団法人日本学生野球協会評議員などを歴任。タイ・モンクット王ラカバン工科大学名誉博士、ロシア・モスクワ国立大学名誉教授。