東海大75周年式典 「学園マスタープラン」発表

 東海大学は11月1日、湘南校舎(神奈川県平塚市)の大ホールで建学75周年記念式典を開催した。式典には、学園関係者、在学生、同窓生に加え、アルメニア、ブルガリア、デンマーク、インドネシア、ミクロネシア連邦、スリランカ、アラブ首長国連邦の各駐日大使など、国内外から多くの来賓が参列し、立ち見が出るほどのにぎわいとなった。

ソーラーカーレース

 松前義昭理事長は、開式にあたって、オーストラリアで開催された2017ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジで東海大学チームが4位(国内1位)に入った事例をあげ、「全ての活動が建学以来掲げてきた『明日の歴史を担う強い使命感と豊かな人間性をもった人材の育成により調和のとれた文明社会を建設する』ためのもの。彼らはその一翼を担う人材として社会に羽ばたいてくれると確信している」と話した。

未来への羅針盤

 また75周年の節目に、建学100周年に向けた総合戦略として策定した「学園マスタープラン」を発表した。建学の精神のもと、25年後のあるべき姿を示し、次の階層にはあるべき姿を体現するため、取り組むべき戦略実行計画を明示している。戦略実行計画は、教育研究基本方針、財務、人事、施設設備の4項目ごとに計画されており、それぞれにKGI(重要目標達成指標)が設定されている。松前理事長は「マスタープランは、学園が求めていく共通の価値、行動指針に沿った目標を共有し、協力し合う体制を堅持していくためのものです。2042年に迎える100周年に向けた、いわば『未来への航海』のための羅針盤となるもの」と説明した。

建学の精神振り返る

 松前達郎総長による式辞では「本日は建学記念日ですから、創立者・松前重義の建学の精神がどのように芽生え、教育理念として培われていったのか振り返りたい」として、東海大学の母胎となった望星学塾の草創期をはじめ、デンマークの歴史や教育のあり方を知ることで教育者の道を志した経緯や、無装荷ケーブル通信方式開発に向けた取り組み、さらには、戦時中に東条英機内閣に反対した松前重義氏が二等兵として懲罰召集を受けた事件や戦後のGHQによる公職追放などの厳しい状況を経て今日の総合大学にいたった歴史の一端を語った。「私学には、変えてはならないものと変えてよい、もしくは変えなくてはならないものがあります。変えてはならないのは『建学の精神』であり、変えなければならないものは時代の変遷に伴う教育のイノベーションとプロセス。今後もそのような方向性に沿って努力していくことが必要です」と話した。
 来賓祝辞では、モスクワ国立大学のヴィクトル・サドヴィーニチィ総長が両大学の交流の歴史や松前重義氏との思い出などを振り返りながら「教育研究や文化活動で成果を収め、輝かしい未来が訪れることを期待しています」と言葉を寄せた。
(29年11月17日号)