格子光シート顕微鏡が細胞分裂の仕組み明らかに

 光学顕微鏡の分解能の限界は、1873年にドイツのエルンスト・アッベによって求められて以来、100年以上にわたって超えることは不可能だと考えられてきた。しかし、発想の転換によってこの壁を打ち破る「超解像蛍光顕微鏡」が開発され、その業績に対し3人のパイオニアに今年度のノーベル化学賞が授与された。

■全文はNEWSmart(有料)でご覧いただけます。