研究力強化へ16大学で改革推進

 国立大学のうち第3類型に分類されている16大学、いわゆる研究大学を対象に、研究力を強化するための改革を推進する。総合科学技術会議(CSTI)と未来投資会議は3月15日、合同で政策討議を開き、政策やKPI(達成度目標)について具体的なプランを示した。改革対象を研究大学だけに絞ることで、若手教員割合3割、助教の研究時間5割確保など、高い目標を設定している。6月に閣議決定する科学技術イノベーション統合戦略に盛り込む。
(30年3月23日号)