研究資金配分機関トップ2氏に聞く

 日本の基礎研究への投資は、その多くが国民の税金によって賄われている。つまり研究者は、自らの興味・関心だけではなく、国民からの信頼と付託を受けて研究を行っているということだ。貴重な税金をより効果的に研究へ投資していくため、日本の研究の中核を担うファンディング・エージェンシーのトップ2人はどのように取り組むのか。新春インタビューで聞いた。

【日本学術振興会 安西祐一郎理事長】

【科学技術振興機構 濱口道成理事長】
(30年1月1日号)