科学の甲子園全国大会 栄光学園高優勝

 第7回科学の甲子園全国大会は神奈川県代表の栄光学園高校の優勝で3月19日幕を閉じた。第2位は広島県代表の広島学院高校、第3位は東京都代表の筑波大学附属駒場高校だった。同大会は科学技術振興機構(JST:濵口道成理事長)により3月16日-19日、埼玉県さいたま市のソニックシティ、さいたま市記念総合体育館で開催された。
 大会には都道府県の予選を勝ち抜いた47校の高校代表チーム(361人)が参加し、筆記競技1題、実技競技3題に挑戦し、これら合計得点で順位は決定された。優勝校には、あわせて文部科学大臣賞とCIEE/TOEFL賞、第2位には科学技術振興機構理事長賞とUL Japan賞、第3位には埼玉県知事賞と埼玉りそな銀行賞も贈られた。第4位の茨城県立並木中等教育学校にはさいたま市長賞と武蔵野銀行賞が、第5位の和歌山県代表・智辯学園和歌山高校には日本理科教育振興協会賞があわせて贈られた。
 次回の第8回科学の甲子園全国大会は、平成30年度に引き続き埼玉県で開催が予定されている。
(30年3月30日号)