科学技術白書「イノベーション基盤の強化詳述」

 政府は6月12日、平成29年度科学技術の振興に関する年次報告、いわゆる科学技術白書を閣議決定した。特集で国連持続可能な開発目標(SDGs)と科学技術イノベーションの推進について、紹介しているほか、第1部で科学技術イノベーションの基盤的な力のさらなる強化に向けて、現状分析と課題、今後の取り組みの方向性を記述している。
 人材力、多様な研究活動を支える知の基盤、研究資金が科学技術イノベーションを支えているが、論文の質・量の低下、政府研究開発投資の伸び悩み、博士課程進学者・若手研究者・研究時間の減少など、その基盤が揺らいでいる。
 一方で、中外製薬と大阪大学、武田薬品と京都大学など、組織対組織の産学連携プロジェクトが加速し、また大学発ベンチャー36社の時価総額が1兆円を超えるなどの成果も出ている。
 そこで白書では、URAのさらなる活躍促進や人事・給与マネジメント改革、特別研究員制度などの若手研究者の支援充実、先端大型研究施設の整備充実などによって、大学等の基盤的な力を強化していくという。
(30年6月15日号)