脂肪組織酸化ストレスが「健康的な」脂質蓄積抑制

 大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学の奥野陽亮助教、福原淳範准教授(肥満脂肪病態学寄附講座)の研究グループは、脂肪組織特異的に酸化ストレスを変化させた遺伝子改変マウスを作出し、解析を行ったところ、脂肪組織酸化ストレスが健康的な脂質蓄積を抑制していることを突き止めることに成功した。
(30年5月25日号)