自閉症患者の抗肥満メカニズム解明

九州大学生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授、名古屋市立大学薬学研究科の喜多泰之助教、白根道子教授、金沢大学医薬保健研究域医学系の西山正章教授らの研究グループは、自閉症の原因タンパク質であるCHD8が、脂肪分化や脂肪細胞における脂肪滴の蓄積に重要な役割を持つことを発見した。
 一般的に自閉症患者では肥満が多いことが知られているが、自閉症で最も変異の多いCHD8遺伝子に変異を持つ患者ではやせ型の人が多いことが報告されている。中山主幹教授によると「これは神経の変化による二次的なものなのか、そもそも脂肪細胞の正常な働きにCHD8が関与するのかは不明でした」という。
 研究グループは、CHD8が脂肪細胞の分化や脂肪滴の蓄積にCHD8が必要であることを明らかにし、さらにトランスオミクス解析という最新技術によってその分子メカニズムを解明した。
(30年6月1日号)