視認性と景観との調和両立 視覚障害者用点字ブロック

東京大学分子細胞生物学研究所の伊藤啓准教授と東京大学大学院工学系研究科の隈研吾教授、LIXIL、日本興業、キクテック、大光ルート産業、DICカラーデザイン、カラーユニバーサルデザイン機構の研究グループは、視力が低い人(弱視者)が視認しやすく、かつ景観と調和しやすい視覚障害者誘導用ブロックを開発したと、12月22日発表した。点字誘導ブロック製造メーカーと共同で多数のサンプル試作と、長期の検証試験を行うことで、従来の濃い黄色より淡く、わずかに黄緑寄りのクールイエローと、わずかにオレンジ寄りのウォームイエローの2色を提案している。製品は研究に参加したメーカーが製造し、今春から発売するという。
(30年1月12日号)