試料観察型TG-DTAとDSCに最適化

 リガク(東京都昭島市松原町3-9-12)は、試料観察型TG-DTA(示差熱天秤)とDSC(示差走査熱量計)に最適化した最新の分析ソフトウェアを、5月11日から提供開始した。
 試料観察型TG-DTA/DSCは、リガクの熱分析装置「Thermo plus EVO2シリーズ」において、熱分析を実行しながら視覚的に試料変化を観察できるようにする製品である。今回の新ソフトウェアへの更新に伴い、より詳細な解析が可能になった。
(平成28年5月27日号)