電機大が女子大学院生対象に給付型奨学金新設

 東京電機大学は、社会で活躍する研究者・技術者を目指し、 同大学で勉学中の女子大学院生を対象とした給付型奨学金「東京電機大学深井綾女性研究者・技術者育成特別奨学金」を今春4月に新設したが、5月下旬で応募を締め切り、給付を行う奨学生を現在選考している。
 同奨学制度は、東京電機大学の前身である電気学校教授を務め、東京電機工業学校の校長などを歴任した故・波多諄三教授の学園を愛した遺志を汲んだ、ご息女の故・深井綾氏からの寄付金を原資として設立したもの。内閣府が現在推進中の理工系女性人材育成のための「理工チャレンジ」など、近年は国家戦略として女性の活躍を促進している社会情勢を踏まえ、女性の学生を支援する奨学制度として新たに定めた。
(30年6月22日号)