青色光受容タンパク質 全長の立体構造を解明

 理化学研究所放射光科学総合研究センター生命系放射光利用システム開発ユニットの岡島公司客員研究員(慶應義塾大学理工学研究科特任助教)、山本雅貴ユニットリーダーらの共同研究チームは、大型放射光施設SPring-8の放射光を用いたX線小角散乱法によって、植物固体の光屈性や葉緑体の細胞内運動を制御する青色光受容タンパク質「フォトトロピン2」の全長の立体構造を明らかにすることに成功した。
(30年1月26日号)