CIS系薄膜太陽電池サブモジュールで世界最高変換効率達成

 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)とソーラーフロンティア(株)は、CIS系薄膜太陽電池サブモジュールで、世界最高変換効率の19・2%を達成した。
 これは、光吸収層の製膜プロセス改良による品質改善や、バッファ層変更などで達成した成果であり、NEDOが掲げる2020年で14円/kWhという発電コスト目標の実現に向けて大きく前進した。
(29年3月10日号)