JSTがタッチパネル用センサフィルムを開発成功と認定

科学技術振興機構は、産学共同実用化開発事業(NexTEP)の『金属細線を用いたタッチパネル用センサフィルム』を開発成功と認定した。
 この課題は、産業技術総合研究所フレキシブルエレクトロニクス研究センターの長谷川達生総括研究主幹らの研究成果をもとに2014年4月から、田中貴金属工業が企業化開発を行っていた。
(29年12月22日号)