NIIが国立国会図書館と連携、論文PDFデータを長期保存・利用

 国立情報学研究所(NII)は、これまで電子化して蓄積してきた論文PDFデータの一部(約380誌・100万件)を、国立国会図書館と連携して長期保存を可能にし、6月22日から第一弾として29誌・5149件の提供を始めた。  この長期保存は「国立国会図書館デジタルコレクション」によって行われ、NIIの学術論文情報検索サービス「CiNii Articles」(http://ci.nii.ac.jp/)の検索結果から、国立国会図書館デジタルコレクションに保存されているPDFデータを容易に利用することができる。
 NIIが電子化して蓄積してきた論文PDFデータのうち、学協会が希望するもの、さらに発行終了あるいは編集元の解散などの理由により、電子図書館(NII-ELS)事業の終了後に学協会などから公開されない論文などが、国立国会図書館と連携することで長期保存・利用できる。
 国内の学協会が発行する学術雑誌などの電子化と公開により、学術情報流通に貢献することを目的として、NIIが1997年から始めたのがNII-ELS事業である。
 同事業では、これまでに444学会の1419種類の雑誌を対象に、計391万論文を電子化してきた。電子化された論文は、全てCiNii Articlesを通じて検索・利用可能であったが、学協会とNIIの契約に基づき、今春3月28日にダウンロード機能の提供を終了している。そのため、今回その一部を長期保存して利用できるようにした。
(29年6月30日号)