科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > コラム・素領域一覧 > 2019年1月1日号

コラム・素領域

2019年1月1日号

素領域

新年明けましておめでとうございます。今年も読者の皆様方にとって有益な情報をお届けするため、記者全員で取り組みます▼昨年12月に飛び込んできた運営費交付金の配分方法見直しには驚いた。その週の前半、東大の総長との懇談会があり、運営費交付金1割の共通指標での配分は第4期中期目標期間からだと聞いていたからだ▼運営費交付金は18年度実績で約1兆1000億円。そのうち約1000億円が退職金などの特殊要因経費で残りの1兆円がいわゆる運営費交付金。うち9000億円が基幹運営費交付金で1000億円が機能強化経費となる。今年度までに毎年100億円の機能強化経費が再配分に充てられ、300億円が現在の再配分分でマイナス30%からプラス10%までの傾斜配分がなされている▼今回、既存300億円分はプラスマイナス5%の傾斜に、700億円がプラスマイナス10%の傾斜配分になる。単純計算でいけば、例えば、運営費交付金100億円の大学の場合、新方式でプラスマイナス7000万円、従来分でプラスマイナス1500万円、トータルで9500万円の増減が生じることになる▼700億円のうち300億円は機能強化から基幹へと移し替えるという飴がある一方、承継ポストは従来どおりの減少傾向、20年度以降の再配分額は順次拡大していくというムチが用意されている。また評価方法の課題も多い▼ただし、これを単に不満に思うだけでなく、前向きに捉えて、指標の在り方を文科省と議論して考えていくとともに、承継ポストへの混合給与導入などの規制緩和につなげていくことが必要だ。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール