科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

コラム・素領域 2019年

科学新聞の1面に掲載している『素領域』全文と、Web限定コラムをお読みいただけます。

2019年6月14日号 素領域

推理小説やドラマなどでは、主犯と思われる人物を追い詰めていくうちに、別の人物が主犯であったり、思わぬ共犯者が現れたりする▼これと同じようなことは医学・医療分野でも起こりえる。アルツハイマー型認知症の研究がそうである。認知症の原因の7割を占め、長らく症状を起こす主犯として考えられていたのがアミロイドβである。だが最近、このアミロイドβを取り除いたとしても認知機能の低下を防げないことが分かってきた▼そ…

2019年6月7日号 素領域

環境省は今年、5月30日(ごみゼロの日)から6月5日(環境の日)を経て6月8日(世界海洋デー)前後までを「海ごみゼロウィーク」とし、海洋ごみ問題の周知啓蒙と海洋流出防止を目的とした一斉清掃活動を日本財団と協力して実施した▼人の生活圏から排出された廃棄物は海洋に流出し、海洋汚染や漂着ごみを発生させる。この防止は国境を越えた世界的な課題と認識されている。近年では、プラスチックごみが海洋で5㍉㍍以下のマ…

2019年5月31日号 素領域

世界各国が研究開発投資を増大させ、システム改革を進める中、日本の論文における競争力はおしなべて低下しているが、その中でもいくつかの領域で、日本が競争力を維持している分野がある。その一つがガン研究だ▼2015~17年(3年平均)の生命科学領域におけるトップ10%論文の国際シェア順位を見ると、米中2強がほとんど1位と2位を独占し、行動神経科学など一部で英国が2位に食い込んでいる。日本は多くが5位以下だ…

2019年5月24日号 素領域

東京一極集中や人口減少、地域経済衰退などの傾向が一向に止まらず、地方再生が必至だ。過日、国が進める次の第Ⅱ期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」策定へ向けて、経済同友会も一層の活動推進を提言した▼なぜ、こうした傾向が止まらないのか。特に東京一極集中は古くから言われてきた問題であり、今も進行中の課題だ。それだけ東京は誰にも魅力のある場所なのだろう▼国の中枢機関があって、多くの多彩な企業や文化施設、娯楽…

2019年5月17日号 素領域

人間、いつまでも向上心を持たなければいけないということを思い知らされた▼札幌在住の101歳の男性が、この春放送大学を卒業したのである。しかも、授業のある大学のキャンパスに通い詰めたというのだから頭が下がる。「自ら学ぶからこそ楽しい」。ご本人の言を聞くとますます耳が痛い。このように高齢で何かを成し遂げた御仁は歴史的にも珍しくない。伊能忠敬は71歳まで測量を続け日本地図を完成させたし、ファーブルは84…

2019年5月10日号 素領域

今年は例年より長い大型連休となり、途中で新たな元号「令和」の時代を迎えた。これまでの改元は天皇の崩御による悲しみが伴っていたが、今回は退位によるもので、前回とは異なる陽気な雰囲気が印象的だった。5月4日に行われた一般参賀では14万人が皇居を訪れ、東京駅付近から長蛇の列が続いていたという▼連休が終われば梅雨がすぐやってくる。気象庁の発表した梅雨入り予測によると、沖縄地方が日本で最も早く今年は5月9日…

2019年4月26日号 素領域

引っ越し手続きが煩雑で一部の手続きを忘れてしまった。死亡・相続となると数日間は仕事を休まなくてはならない。こうした経験を持つ人も多いだろう。政府は、引っ越し、死亡・相続、社会保険・税手続きをワンストップ化するためのロードマップを公表した▼異動や転職などで、転居する際、引っ越し先の契約や荷づくりなどに加え、引っ越し前には転出届、印鑑登録、学校や保育園等の子供の転校・転園の手続きなどがあり、さらに引っ…

2019年4月19日号 素領域

総務省は4月11日、携帯電話4社に対し、5G(第5世代移動通信システム)商用化のための特定基地局開設計画を認め、認定書を交付した▼NTTドコモ、KDDI/沖縄セルラー、ソフトバンク、楽天モバイルに、5G用として、3・7GHz帯/4・5GHz帯と28GHz帯の2種類の周波数がそれぞれ割り当てられた▼4月に入り、米韓の通信事業会社が5Gサービスを開始するなど、世界中で参入競争が過熱している。日本の4社…

2019年4月12日号 素領域

電車の車窓から眺めると遠くの山並みが、春の霞によりぼんやりとかすんで見える▼これは植物の蒸散作用が活発化することで、大気中の水分が微粒子状となり、気温の低下などによって目に見える状態になる現象で、文部省唱歌などに歌われるだけならばほほえましいのだが、最近では、中国から飛来する黄砂によっても引き起こされるのだから穏やかではない。大陸から舞い上がった黄砂の微粒子とともにPM2・5が偏西風に乗り、日本に…

2019年4月5日号 素領域

気象庁は今年の東京のソメイヨシノの開花日を3月21日とし、満開日を27日とした。昨年より3日遅く、平年より7日早く満開となった。すでに周囲のソメイヨシノの盛りが過ぎてしまったという方は4月中旬ごろから満開を迎える東北以北を狙ってみてはどうだろうか▼先だってかずさDNA研究所らのグループは、ソメイヨシノのゲノム解読を行うと共に、開花に至るまでの蕾や芽の転写産物の解析を行い、開花予測を行うための遺伝子…

2019年3月29日号 素領域

合成生物学が進展し、人工ゲノム・人工ウイルス・人工細胞などが手軽に作製できる時代になってきた。これにより、新たな社会的問題が生まれつつある▼クレイグ・ベンター研究所は2010年、人工的に合成されたゲノムの遺伝情報だけで増殖するマイコプラズマを世界で初めて作製することに成功した。人工生命体の創生につながるものとして世界中から注目を集めた。4000万ドルの研究費と15年の歳月を要した▼技術の進展により…

2019年3月22日号 素領域

近年、自動翻訳技術の精度が急速に向上し、利用が広がりつつある。そうした中で、総務省とNICT(情報通信研究機構)が都内で開催した「第2回自動翻訳シンポジウム」を聴講してきた▼会場は用意された椅子席がほぼ満杯状態で、自動翻訳に寄せられる関心の高さを実感した。当日は400人程度が集まったようだ。この種の講演会としては上々の人気といえるだろう▼シンポでは、NICTが開発・実用化した音声翻訳アプリ「ボイス…

2019年3月15日号 素領域

宇宙には地球と同じような惑星が一体どれくらいあるのだろうかと思いを巡らせる方も多いことだろう▼現在、地球と似ている太陽系外惑星が4千個ほど見つかっていて、世界各国で”第二の地球探し”が活発に行われ、生命の起源に迫ろうとしている。太陽系外惑星で注目されている星が複数ある。まず、プロキシマ・ケンタウリb(プロキシマb)で、太陽に近い恒星である赤色矮星「プロキシマ・ケンタウリ」のハビタブルゾーン(地球型…

2019年3月8日号 素領域

先日、すばる望遠鏡の20周年パーティーが国立天文台と地元日系人商工会議所の共催で開かれた。「すばる」が地元に溶け込んでいる証しであるかのようにアットホームな雰囲気だった▼「すばる」が位置するハワイ島は、ホノルルなど日本人が想像するハワイとは異なった、自然が厳しい場所だ。富士山より高い標高4205㍍の神聖な山・マウナケア山頂に「すばる」は設置されている。北半球の全天、南半球の90%の天体を観測できる…

2019年3月1日号 素領域

東京・上野の東京国立博物館(トーハク)は明治5年、湯島聖堂の大成殿で開催された博覧会から始まり、再来年には150周年を迎える、日本で最も長い歴史をもつ博物館だ。日本を中心に、東洋の様々な美術作品、歴史資料、考古遺物などを保存・展示しており、国宝89件、重要文化財643件をはじめ約11万7000点以上の収蔵品がある▼これだけのものを扱っているのだから、保存や修復を担当する部署というのは大規模な組織な…

2019年2月22日号 素領域

様々なメーカーが製品化した電話機やファクシミリ、PBX、ルーターなどの最先端情報通信機器が、互いにうまくつながって通信できるかを確認して保証する活動を、長年展開しているHATS推進会議という組織がある▼こうした機器は国際標準に従って製造されるが、各メーカーは独自の技術などを開発し、他社製品より市場優位性のある特徴ある製品に仕立てるため、同じ電話機やファクシミリでも、他社の異機種とうまくつながらない…

2019年2月15日号 素領域

沖縄について、どのようなイメージをお持ちだろう。東シナ海と太平洋に挟まれた日本列島の南西端に位置し、面積的には東京都と同じくらいである▼何といっても青い空と海、ほぼ全域が亜熱帯気候で、1年を通して温暖な気候に恵まれ、常夏に近い恵まれたところといってよいかもしれない。そして健康・長寿の県であること。ほかにもあるだろうが、こと健康面に関しては、それを裏付けるデータが発表されている。厚生労働省がまとめた…

2019年2月8日号 素領域

日本政府観光局(JNTO)によれば、2018年の訪日外客数は約3119万人と史上初めて3000万人を超えた。出国日本人数は約1895万人となっている。政府は2016年に観光先進国に向けて「明日の日本を支える観光ビジョン」を策定し、その中で2020年までに訪日外客数を2015年比約2倍の4千万人に増加させる目標を打ち出している▼観光客の増加は、資源の乏しい日本にとって経済上重要であり、外客数の増加は…

2019年2月1日号 素領域

加藤セチという女性がいた。保井コノ、黒田チカに続く日本人女性としては3番目の理学博士で、女性で初の理化学研究所主任研究員である▼明治28年、山形県の裕福な家庭に生まれたが、生家の破産などにより山形県立鶴岡高等女学校を中退して、山形県女子師範学校(山形大学)に移り、卒業後は小学校教師として働き、その後、東京女子高等師範学校(お茶の水女子大学)に進学する。さらに高等女学校の教師を務めながら、北海道帝国…

2019年1月25日号 素領域

自動運転への期待が高まっているが、自動運転車には、道路交通法で定める交通法規に従った運転をするようにシステムが構築されるのだろうか。そうなるなら、大いに期待できることになる▼危険で乱暴な運転などがなくなり、交通事故が減って国民の安全な暮らしにつながるからだ。定められたスピードを超えて運転するのは法規違反だ▼また、日常でたびたび見かける黄色信号で通過する前のクルマの後ろに付いて、赤信号になることが十…

1 2

THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール