科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「バイオニック・ヒューマノイド開発」内閣府ImPACT原田プロジェクト成果

2019.01.18 研究・成果

「バイオニック・ヒューマノイド開発」内閣府ImPACT原田プロジェクト成果

内閣府ImPACTの原田香奈子プログラムマネージャ

 

非効率的な試行錯誤の医工連携プロセスや医学教育を改善するため、内閣府ImPACTの原田香奈子PM(東京大学大学院工学系研究科准教授)のプロジェクトは、高感度センサを内蔵したバイオニック・ヒューマノイドや手術用ロボットアームなどを開発した。原田PMは「今年度でプロジェクトは終了するが、開発した技術やシステムは、参加企業で実用化するほか、ベンチャーの設立などによって実用化していく。また国際標準化も進んでおり、ISOの委員会を立ち上げることができた」と話している。

 

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-マルチメータ
  • AMED公開シンポ_201901-201903
  • 日本分光_201811-2019-03
  • オカムラ_201809-201903
  • PHC_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール