科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「全光」で量子中継の原理検証

2019.02.08 研究・成果 大学等 研究機関

「全光」で量子中継の原理検証

阪大大学院基礎工学研究科の山本俊教授、生田力三助教の研究グループと、NTT研究所の東浩司主任研究員(特別研究員)の研究グループは、地球規模の量子NW(ネットワーク)を光デバイスだけで実現する全光量子中継方式を用いて、量子メモリを物質系で実現した従来の量子中継とは異なる、全光による量子中継の原理検証実験に世界で初めて成功した。阪大の井元信之名誉教授、富山大の玉木潔教授、トロント大のホイ・クウォンロウ教授らが実験に協力した。成果は、1月28日(日本時間)の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ(オンライン)に掲載された。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • JST-JASIS2019
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール