科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「皮膚の若さと老化制御」表皮幹細胞の競合が鍵

2019.04.12 研究・成果

「皮膚の若さと老化制御」表皮幹細胞の競合が鍵

会見に臨んだ東京医科歯科大学難治疾患研究所の西村栄美教授

東京医科歯科大学難治疾患研究所の西村栄美教授、松村寛行助教、劉楠さん(大学院生)、並木剛准教授らは、皮膚の老化が、17型コラーゲン(COL17A1)を介した表皮幹細胞間の細胞競合の減弱によって引き起こされることを明らかにしたと発表した。マウス生体内の多色幹細胞クローン分析や、3次元細胞培養モデルの解析などを実施。損傷やストレスを受けて17型コラーゲンを失った基底層の表皮幹細胞が、細胞競合で選択的に排除され、排除された表皮幹細胞が分化を経て表皮角化細胞になることで皮膚の品質が保たれていることがわかった。

 

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-データロガー
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール