科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「窒素ガスと水からアンモニア」常温・常圧で合成成功

2019.05.10 研究・成果 大学等

「窒素ガスと水からアンモニア」常温・常圧で合成成功

㊤東京大学大学院工学研究科の西林仁昭教授
㊦右から、博士課程2年生の芦田裕也さん、荒芝和也特任主任研究員、中島一成准教授

 

東京大学大学院工学研究科の西林仁昭教授、芦田裕也さん(博士課程2年生)、荒芝和也特任主任研究員、中島一成准教授らは、常温・常圧で、モリブデン触媒とヨウ化サマリウムを溶かした溶媒に、窒素ガスと水を加えて、混ぜるだけで高効率にアンモニアを合成することに成功した。100年来使われているハーバー・ボッシュ法を将来代替する次世代型アンモニア合成反応につながる重要な成果だ。西林教授は「現在、日産化学と実用化に関する共同研究を実施している。今回の反応系を用いるアンモニア生産が実用化されれば、アンモニアを水素キャリアとして用いる社会が一気に加速するのではないかと期待している」と話す。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 統計数理研_201904-06
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-データロガー
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール