科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 新手法で過去の津波規模推定に成功 首都大と立命大

2019.07.26 研究・成果 大学等

新手法で過去の津波規模推定に成功 首都大と立命大

首都大学東京大学院都市環境科学研究科の石村大輔助教と立命館大学総合科学技術研究機構古気候学研究センターの山田圭太郎専門研究員は、津波堆積物に含まれる石に着目し、その形状(丸さの度合)から過去の津波規模を推定することに成功した。この新たな手法は、小規模な海岸低地など、従来手法では津波規模推定が困難だった地域でも適用できる可能性があるため、より多くの地域で過去の津波規模を解明するのに期待できるとしている。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール