科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「筋肉の性質」と「アスリートの競技力」の関係 順大・宮本准教授ら解明

2019.08.09 研究・成果

「筋肉の性質」と「アスリートの競技力」の関係 順大・宮本准教授ら解明

順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科の宮本直和准教授

 

順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科の宮本直和准教授らの研究グループは、アスリートの「筋肉の硬さ」と「競技パフォーマンス」との関係について調査することで、短距離走では「硬く伸び縮みしにくい筋肉」、長距離走では「柔らかく伸び縮みしやすい筋肉」を持つ選手の方がパフォーマンスが高いことを明らかにしたと発表した。局所的かつ非侵襲に筋肉の硬さを測定することができる超音波剪断波エラストグラフィを用いた測定でわかった。競技特性と筋肉の質には適した組み合わせがあり、アスリートにはそれに応じたトレーニングが必要なことが明らかになった。適切なトレーニング法確立につながる成果と期待される。

 

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • JST-JASIS2019
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール