科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > ヒトiPS細胞からミニ多臓器作製 東京医科歯科大が成功

2019.10.04 研究・成果

ヒトiPS細胞からミニ多臓器作製 東京医科歯科大が成功

会見で今後の展望を語る東京医科歯科大の武部貴則教授

 

東京医科歯科大学統合研究機構先端医歯工学創成研究部門創生医学コンソーシアムの武部貴則教授の研究グループは、シンシナティ小児病院と共同で、iPS細胞から連続した肝臓・胆管・膵臓を同時発生させる技術を確立したと発表した。ヒトiPS細胞を用いて、胎内の発生過程を模倣することで実現。臓器の形成に異常が生じる遺伝性疾患を再現することにも成功し、病態モデルとして利用できることも確かめた。新たな臓器再生手法として実用化が期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール