科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「研究大学支援へ10兆円の基金創設を」安宅教授が提案

2019.11.08 政策 大学等

「研究大学支援へ10兆円の基金創設を」安宅教授が提案

研究大学を支援するためには、財政投融資から10兆円を拠出して、米国の研究大学のような基金を作るべきだ。総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)基本計画専門調査会で、安宅和人慶應義塾大学環境情報学部教授(ヤフーチーフストラテジーオフィサー)が提案した。国際競争力低下という現状を打破するための、大胆な提案を政府が受け止めるのか、今後の展開が注目される。
安宅氏は、日本の現状について「最も残念な20年だった」と指摘。「日本のプレゼンス、大学ランキング、情報科学のプレゼンスも低下し、我々は新しい変化も生み出すことも乗ることもできなかった」として、現状を打破するための提案を行った。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール