科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「しずく1滴から5ボルト発電」名大と九大が共同で新技術

2020.01.10 研究・成果

「しずく1滴から5ボルト発電」名大と九大が共同で新技術

IoT社会を実現するためには、様々なセンサーを数多く設置する必要があるが、電源をどのように確保するのかが課題となっている。名古屋大学未来材料・システム研究所のアジ・アドハ・スクマ研究員と大野雄高教授、九州大学グローバルイノベーションセンターの吾郷浩樹教授らの研究グループは、一滴の水滴から5ボルト以上の発電をする技術を開発した。プラスチックフィルム上に成膜された原子レベルで薄い二硫化モリブデンから構成されており、表面を水滴が滑り落ちる時に発電する。工場排水のモニタリングのための自己給電型水質センサーなどのIoTデバイスへの応用が期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202005-07
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール