科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 土星の衛星タイタンが大きくても存在できる理由

2020.03.13 研究・成果

土星の衛星タイタンが大きくても存在できる理由

名古屋大学高等研究院の藤井悠里特任助教と国立天文台科学研究部の荻原正博特任助教は、土星とその衛星タイタンのように、ガス惑星が大きな衛星をひとつだけもつ系の形成シナリオを初めて提唱した。
土星の衛星は現在82個見つかっているが、その中でも衛星タイタンはひときわ大きい。これまでの研究では、このような大きな衛星が惑星の周りにできたとしても複数できるか、もしくはすぐに惑星に落ち込んでしまい残ることができないとされてきた。そのため、大きな衛星をひとつしか持たない衛星系がどのように形成されるかは、長い間謎だった。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール