科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「農業生態系をデジタル化」理研・福島大など成功 持続的な作物生産に期待

2020.06.26 研究・成果

「農業生態系をデジタル化」理研・福島大など成功 持続的な作物生産に期待

理化学研究所バイオリソース研究センターの市橋泰範チームリーダーと福島大学食農学類農業生産学コースの二瓶直登准教授ら、東京大学、筑波大学、長浜バイオ大学、ベジタリアの共同研究グループは、農業生態系における植物-微生物-土壌の複雑なネットワークのデジタル化に成功したと発表した。農業現場でのマルチオミクス解析を行うことで実現。農業生態系が、作物の形質と特定の微生物種や土壌成分で構成されたモジュールが複雑に組み合わさってネットワークを構築していることを明らかにした。従来、農家の経験として蓄積されてきた高度な農業生産技術を科学的に可視化できることから、持続的な農業の実現に貢献すると期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202005-07
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール