科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 異業種3社に就職した博士号取得者の意識調査 「大学にはポストも魅力も不足? より良い研究環境求め一般企業へ」

2020.08.28 大学改革 大学等

異業種3社に就職した博士号取得者の意識調査 「大学にはポストも魅力も不足? より良い研究環境求め一般企業へ」

多くの博士課程学生がアカデミアでのポストを目指しているが、日本の研究者の74・4%は企業の研究者であり、国立大学や公的研究機関の運営費交付金や私学助成の減少などの基盤的経費の削減によって、アカデミアポストはなかなか確保できないのが現状だ。では、企業に就職した博士号取得者は、現在の状況をどのように考えているのだろうか。
日本電信電話(NTT)、富士通、三菱ケミカルホールディングスという異なる業種の3社は、博士後期課程を修了して入社した社員に入社前後における意識調査を行った。回答者数は544人(回答率81%)で、回答者の81・6%が博士後期課程修了後に入社している。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202008-10
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール